事例紹介WORKS

RPA女子

RPA 女子が ICT 人材の育成を目的とした「RPA 実践活用講座」を開催。山形県内の企業に RPA の導入を促進。

山形県 ICT 実践人材育成協議会様

山形県ICT実践人材育成協議会様

山形県みらい企画創造部 ICT政策推進課

目的

  • 山形県内の企業様を対象とした、ICT人材の育成
  • RPAツール「マクロマン」の実践利用

課題

RPAツールを初めて触る為、開発ノウハウがない

効果

ライセンス料金完全無料のRPAツール「マクロマン」で、スクリプト開発ノウハウを習得して自社業務で自動化を実装できるようになった。

<研修概要>

カリキュラム

・RPAとは
・無償RPAツール「マクロマン」とは
・マクロマンで触るExcel操作
・マクロマンで触るWeb操作

研修形式

ハンズオン形式

講師人数

16名

講師人数

メイン講師1名+サポート1名

研修時間

7時間(休憩1時間+20分)

※講座風景
手前_講師/濵武、奥に着席している方たちが受講者です。

開催背景~ICT実践人材育成 専門講座とは~

IoT、ビッグデータ、AI等の普及・浸透は、「第4次産業革命」などの大きなうねりとなって産業や社会のあり方を大きく変えつつあります。山形県では各産業分野において課題となっている新たな需要開拓や人手不足の解消などのため、ICTを現場で利活用できる実践的人材の育成に向けて専門講座を開催しております。

※受講者の方々は2つの画面を確認します。
1つはご自身が操作している画面、1つは講師の画面を照射しています。

受講者様の研修前後のマクロマンの印象について

研修前
「RPAがどういうものなのかが理解できていない/RPAツール自体をそもそも触ったことがない」などが挙げられていました。
また、これら意外にもRPAツールのスクリプト開発自体は業者に委託して開発していくものだという認識があった為、自身で学んでスクリプト開発が進むのかという点には不安を感じていました。

研修後
元のスキルとしては四則演算の計算で関数を使って行うレベルで研修を受講したがRPAの概念を理解する上では特段、抵抗はなく理解することが出来ました。

※講師はマイクに向かって話し、受講者の方々のヘッドセットに声を届けます。

受講後のお声 ※一部企業様のみ抜粋

受講者のアンケート

・アンケート回答数 16名
・満足度 100%

ICT実践人材育成 専門講座 (アンケート結果2020年9月12日実施分)

製造業様
RPAについては業務効率化ツールとして認識はしていましたが、他社製品のように有償ライセンスのイメージ強く、手を出せずにいました。マクロマンのように無料で導入できるRPAツールがあることに、社内での業務効率化の可能性を感じました。
また、マクロマンについてはVBAに近い操作感で、VBAよりも直感的なスクリプト作成が可能だと感じました。本研修の受講後に実際に開発した内容が20分程度かかっていた作業が5分程度で完了するようになるマクロマンのスクリプト作成をしました。

大手製造・販売企業様
本研修の受講後にはいくつか社内でも使えるかもしれないと可能性を感じ、すぐにダウンロードしました。ダウンロード後は、研修で学んだ知識を元に基幹システムからデータを抽出する毎日の作業を自動化することができました。この作業自体は、時間を要するものではありませんがミスが許されない作業でした。これをマクロマンで自動化することを可能にし、作業ミスを防ぐ事ができました。

企業情報

社名 :

山形県みらい企画創造部 ICT政策推進課

事業内容 :

ICT施策の総合企画及び調整
地域情報化の推進
行政の情報化の推進
県基幹高速通信ネットワークの管理及び運営
情報処理システムの開発及びその支援
社会保障・税番号制度に係る情報システムの運用管理

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3527-1167

受付時間:平日9:30~18:00

資料請求・御見積のご依頼

サービスのより詳しい内容を
記載した資料をご用意しております。

問い合わせフォーム

採用情報

RECRUITMEDIA
PAGE TOP
PAGE TOP